スポンサードリンク
スポンサードリンク

杜仲茶ダイエットとは

杜仲茶ダイエットとはどのようなダイエットなのでしょうか。ダイエットに使用される杜仲茶について調べてみました。杜仲という落葉高木は中国南部や中部の山地に生えており、樹皮を乾燥したものも杜仲といいます。煎じて強壮薬に使われ、中国でも貴重品扱いされていた品物です。木を枯らさずに樹皮を採取する必要があるため、少量しか取れません。
杜仲は中国国内でも高級品として扱われていました。少ししか採取できないために杜仲の希少価値が高かったようです。一般庶民には手の届かないものとして、杜仲は大変に珍重されていたようです。現在の日本では、杜仲茶は中国からの輸入品が多く、国内では長野県伊那地方で栽培されています。
杜仲茶にはゲニボシド酸が豊富に含まれており、これがダイエットを促進させます。大腸の運動機能を高めて脂肪の吸収機能を抑えるだけでなく、ゲニボシド酸は肝臓が脂肪を燃焼させる機能をも高める作用が期待できます。杜仲茶を飲むことで体脂肪を減らす効果が期待できるのでダイエットにはピッタリのお茶です。
杜仲茶の成分であるゲニボシド酸はダイエット効果以外にも副交感神経への働きかけにより血管が拡張します。末梢血管にもスムーズに血が通るようにもなり、冷え性や高血圧の効果が期待できるようです。ダイエット以外にも血行促進、血圧降下、冷え性の緩和などにも杜仲茶は大活躍なのです。

 小林製薬 濃い杜仲茶 3gX30袋★税込3150円以上で送料無料★[小林製薬の杜仲茶]

ダイエットに効果的な杜仲茶の飲み方

杜仲茶はダイエットに効果的なお茶として大変人気があります。杜仲茶の材料になる杜仲は、長野県伊那地方の方が桑の代わりとして栽培したものが国内での始まりです。杜仲茶のダイエット効果は高く評価され、元々の生産国である中国のほか、アメリカや東南アジアでも喜ばれています。
ダイエット効果を求めて杜仲茶を飲む時は濃度を高めにすると効果が高いようですが、飲む時のお茶の温度はダイエット効果には関係ないようです。年齢や性別に関わりなく、どなたでも愛飲できることが杜仲茶のメリットといえます。杜仲茶はノンカフェインなので、妊娠中の方でも寝る前でも飲むことができます。
杜仲茶は体脂肪を減らす効果が期待できますが、短期間でダイエット効果が出るような即効性は無いので、数ヶ月は毎日飲むことをおすすめします。また、杜仲茶は様々なアレンジが可能なお茶です。冷やした杜仲茶でウィスキーや焼酎割にするとお酒を楽しみながらダイエットができ二日酔いも残りにくいので一石二鳥です。
杜仲茶にはちみつという組み合わせも良く、ハニー入りホット杜仲茶は疲れた体を癒してくれます。はちみつと杜仲茶がそれぞれの甘みを引き出してくれるので、ほっとした味になります。
ストレス対策や美肌のためにビタミンCを補充したいなら、杜仲茶とレモンの絞り汁がいい組み合わせです。冬はホットで夏はアイスでも飲めるので、杜仲茶ダイエットは一年中チャレンジすることができますね。

杜仲茶をダイエットのために飲む

杜仲茶に人気があるのは、ダイエット効果が期待されるためです。杜仲茶の可能性はダイエットのみに留まらず、色々なバリエーションがあります。杜仲茶は煮出した後でも、有効成分が残っているので、煮出した後のティーパックを再利用します。煮出した後の茶殻を乾かすことで入浴剤代わりになりますので、リサイクルして活用しましょう。お茶に煮出しきれなかった成分によって湯に浸かった皮膚を若々しく蘇らせてくれるできるでしょう。
また植木の根元に、煮出した後のパックをほぐして土に戻してあげましょう。杜仲の葉には植物の根の発育を促し、養分の吸収を高める成分が含まれていますので花も緑も元気で長持ちし、虫も付きにくくなります。
生活習慣病のリスクが懸念される昨今、メタボリックシンドローム対策に杜仲茶は役に立つでしょう。ダイエットにしてもメタボにしても、食生活の改善がポイントです。昔から、中国では名医とは病気になる前に食事などで健康を保つ医師であり、病気になってからでなければ治療できない医師は二流とされていました。病気にならないように食物や薬物による健康作りを根本に置いている中国人は、杜仲を健康維持に欠かせないものとして尊重してきたのです。ダイエットの為、動脈硬化や生活習慣病にならない為にも、生活習慣改善に役立つ杜仲茶ダイエットを取り入れてみませんか。

杜仲茶ダイエット